最近ネットで冬サン(冬に使うサングラス)なんていう言葉を見かけました
夏よりも太陽高度が低くなる冬の方が、紫外線が目に入っていきやすいので冬もサングラスは掛けた方が眼の保護になりますよ
ということで、冬もサングラスやメガネでの紫外線から目を守った方が良いとのことです
そう、冬でもやっぱり紫外線は降り注いでいるので、紫外線カットの入ったメガネやサングラスで眼の保護はした方が良いのです

ちなみにこのメガネとサングラスの違いってみなさんご存知でしょうか?

サングラス
こちら当店でサングラスとして販売しているものです
濃い目の色のレンズが入っていてまぶしさを抑えてくれます

megane
こちらメガネとして販売しているフレームです
入っているのはただのブラスチックなので、レンズではありません
お測りした度数やご希望の度数、もちろん伊達メガネご希望であれば度無しのレンズなどを入れてお渡ししています

ではこちらはメガネでしょうか?サングラスでしょうか?

meganemasaki

フレームはメガネとして販売しているものを使用しています
でもサングラスの様にカーブがついているデザインです

レンズにも結構強めの近視の度数が入っています
しかし、レンズには色が付いています。現在透明なレンズでも紫外線(UV)は99%以上カット出来るので、こちらのレンズもしっかりカットしています

色が入っているから夜は使えなさそうだからサングラスでしょうか?
しかしこちらのレンズの色は25%のグラデーションカラーで染色しているので、夜間の運転も可能な濃さです

結論から言うと、メガネとサングラスに特に違いはありません

サングラスでも度付きに出来ますし、メガネでも色付きに出来ます
お客様自身の使われる用途が日差し避けとして使いたいのか、視力の補正として使いたいのかの違いです
もちろんその両方を兼ね備えたものもお作りいただけます
また、サングラスのフレームを使ってメガネを作ることも出来ますし、メガネのフレームを使ってサングラスを作ることも出来ます

サングラスとして使いたいからサングラスのコーナーから選ばなければいけない
なんてことはないので、メガネフレームにも目を向けてみると選択肢の幅が広がるはずです

冬サンはしたいけど、真夏みたいにデザインの大きなものはちょっと・・・とお考えの方も、メガネの延長線上のサングラスなら抵抗が少なくなるのでは?

サングラスフレームでお作りするメリット・デメリット

・レンズサイズや横幅が大きく、視界を出来るだけ覆ってくれる。その為紫外線や眩しさから保護しやすい
・メガネフレーム以上にデザインが派手目なものが多い
・メガネに比べると重いことが多い
・カーブやレンズサイズによっては度を入れる事が出来ない

メガネフレームでお作りするメリット・デメリット

・様々な素材で作られており、丈夫さと軽さは常に進化し続けている
・サイズのバリエーションが豊富なため、顔の大きさに合ったものを選びやすい
・カーブが少ないものが多いため、度付きにした際に歪みを感じにくい
・小さいもので選ぶと、枠の外から光が入ってきてしまう

サングラスもメガネも様々なメリット・デメリットがあります
度数が強くて度付きのサングラスは諦めていた方も、メガネフレームで作ればいつものメガネと同じように使うことも出来ます
市販のサングラスでは濃すぎてしまって、という方も染色によってお好みの濃さを選ぶことも出来ます

もちろんサングラスとして販売している物の、レンズを交換して色を変えることも出来ます
※レンズ交換不可のものもあります
フレームだけでなく、レンズのカラー、濃さまで選択して作ると自分だけのオリジナル感も出て楽しいのではないでしょうか
また、見え方やフレームに合わせたオススメのレンズカラーなども是非スタッフにご相談下さい