知っているようで意外と知らない、メガネの正しい扱い方。
間違ったことしていませんか?その取り扱い方でメガネを痛めてしまっているかも。

せっかく気に入って選んだフレームやこだわりのレンズなら、出来るだけ長く使いたいものですよね。
正しい扱い方で出来るだけ長持ちさせましょう。
今回はメガネを痛めてしまうのに多い原因をご紹介します。

■片手で掛け外す


メガネの変形の原因のトップはおそらくこれでしょう。
片方だけテンプルが広がってしまっているメガネをよく見ます。

テンプルが開いてしまうと、掛け具合がゆるくなるだけではなく、見え方にも影響します。
レンズと眼との距離が適正なものではなくなってしまうからです。

もちろん曲がった金属なので曲げ戻すことも可能ですが、繰り返していれば折れてしまうことも。
メガネを長持ちさせるためにも、メガネは必ず両手で掛け外しをしましょう。

■乾拭きをする

指紋やホコリなどの汚れをとるために乾拭きをしてしまう。
レンズの傷みの原因の1番多いところです。

レンズといっても現在の主流な素材はプラスチックです。

プラスチックレンズは何層にも薄いコーティングが施してあるため、ホコリや汚れでこすれるだけで細かなキズが付きます。
また、乾拭きをしてしまうティッシュやハンカチ、洋服の袖、ネクタイなども硬い繊維であることが多いです。

硬い繊維でこすれることにより付いた細かなキズが、のちのち大きなコート剥がれの原因ともなりますので、できるだけ避けましょう。

メガネを拭く際には面倒でも必ず水でホコリや汚れを洗い流してから、柔らかなメガネ拭きなどで拭き取りましょう。

■高温にさらす


メガネのレンズは現在ほとんどがプラスチック素材でできています。
熱による膨張により、何層にも重ねているコーティングにシワがよってしまいます。

一見気づきにくいですが、光にかざしたりすると細かなひび割れがシワのようになっているのが確認できます。
初期段階では影響は少ないですが、徐々にコート剥がれや見え方にも悪影響となります。

50~60℃以上にもなるとレンズは変質し始めます。

・車のダッシュボード
・ストーブの前
・ドライヤー
・キャンプなどの焚き火
・バーベキュー
・サウナ

などなど……日常にも高温にさらされる状況は多くあるので、気をつけましょう。

■お風呂に入る


強度な度数の方ほど多いのではないでしょうか?

お風呂は前述した高温にさらされる可能性も高く、シャンプーやコンディショナーなどの酸性・アルカリ性の薬品にもさらされる危険があります。

また、温泉などではお湯自体が酸性やアルカリ性の場合が多いです。
フレーム・レンズ共に苦手なので、どうしても温泉やお風呂にメガネをしていく際には古いメガネなどを使いましょう。
一個前のメガネとかであれば、無いより見えると思いますのでオススメです。

■石鹸で洗う


メガネに使用しても問題がないのは、台所用の中性の洗剤が1番かと思います。
ハンドソープも石鹸も、お風呂のところで書いたシャンプーもボディソープもメガネには刺激が強すぎます。

近年のメガネレンズには汚れを拭き取りやすくするコーティングが使用されているので、基本的には軽く水洗いで十分です。
落ちにくい汚れ、水だけでは伸びてしまう油汚れなどは台所用の中性洗剤を薄めるように使いましょう。

それでもまだ落ちない汚れ……本当に汚れですか?
キズではありませんか?コーティングの剥がれではありませんか?

不安な時には是非メガネ店で見てもらって下さい。
落ちにくい汚れ、フレームとレンズの隙間などの汚れも洗浄できます。

■濡れたままにする


スポーツなどで汗をかいた後、顔や体だけではなくメガネも拭いてあげましょう。
レンズを濡れたままにして放置してしまうと、水ヤケの様なものが出来てしまうことがあります。

・汗や涙
・雨
・お手入れの為に濡らした際
・お料理での飛び跳ね

などなど様々な状況がありますが、メガネが濡れたら出来るだけ早く拭き取りましょう。
乾いてしまうと水分内の成分が固着してしまい、クリーニングなどでは落とせなくなります。

もしシミの様なものが出来てしまったら、メガネ店でのクリーニングで落ちる場合もあるので、出来るだけ早くお持ち下さい。

■硬いものにぶつける

レンズといってもプラスチックなので、硬いもの・尖ったものにぶつかるとキズになります。
キズ付き防止のコーティングがしてある場合、細かなこすり傷などには強いですが、深いキズはやはり付いてしまいます。

また、ぶつかった衝撃でフレームが曲がってしまうこともあります。
掛け具合がゆるくなってしまったり、見え方が悪くなることもあります。

曲がったフレームを何度も直していると、金属自体が折れることもあるので注意です。

■薬品が付着する


1番見かけるのは髪を固めるヘアスプレーの付着でしょうか。
細かく点々とレンズに付着して、固まってしまうと通常の水洗いではなかなか取れません。
お店にお持ちいただいて取れることもありますが、レンズ自体が痛んでしまっていると難しい場合もあります。

また、薬品の種類によってはすぐにフレームのメッキやレンズのコーティングを痛めてしまうものもあるのでご注意下さい。
フレームのメッキの場合再メッキは時間とお代をかければ可能ですが、レンズの再コーティングは出来ません

■まとめ

以上がメガネを痛めてしまう原因として多いものです。

基本的には優しく扱ってあげること。

適切なメンテナンスを定期的にやってあげること。
時々お店でメンテナンスを受けること。
をやっていれば、きっと長持ちすると思います。

度数が変わってしまったり、突発的な破損はなかなか避けようがないことです。
しっかりしたフレーム・レンズは決してお安いものではないと思うので、大事に長く使いましょう。