メガネがこのような状態になってしまった時、あなたはどうしますか?

テンプルが取れた
金具部分が抜け落ちた真っ二つに折れたメッキ剥げ腐食テンプルメッキ剥げテンプルフロントメッキ剥がれフロント内側メッキ剥がれ

そのまま使い続けますか?

メッキが剥げて腐食してきたものや、擦れてメッキが剥がれたもののように、テンプルの内側なら周りからは気づかれない、ということでそのまま使い続けますか?
メッキ剥がれや腐食したものを使い続けると、肌荒れを引き起こすこともあるようです。
メガネのフロント部分のメッキ剥がれも同様に内側なら見えないし、肌にも当たらないといって使い続けると外側(周りから見える方)にもメッキ剥げは進行します。
こうなってしまったらさすがに恥ずかしいですね(^^;;

使えないといって捨ててしまいますか?

テンプルが折れたものや、金具部分が抜け落ちたもの、完全に折れてしまったメガネのようになったら、当然使えないと思って捨ててしまいますよね。
捨てるにしても何ゴミか迷ってしまいますね(´・_・`)

そんな時は捨てる前にまず当店にお持ちください!

フレームの金属部分の破損などの状態の時はロウ付け修理を承れます。
メッキ剥がれなどの状態の時は再メッキ修理を承れます。
ただ、このような修理の場合フレームメーカーへ修理に出す為3〜4週間ほど日数をいただきます。
ご自宅に予備のメガネをお持ちでしたらこちらがおすすめです。

ご自宅に予備のメガネも無く、今使っているメガネが壊れてしまってお困りの方はレンズをそのまま使ってフレームの交換ができるんです。
ちょっとしたメガネのリメイクです♪( ´▽`)

ナイロールフレームのリメイク手順

①レンズをフレームからはずす

リメイクその一

②レンズが入るフレームをさがす

お客様から見るとどれも同じ形に見えるかもしれませんが、フレームにはサイズもありますし、形も様々なんです。
リメイクその二
レンズを合わせてみるとこれではフレームが大きすぎでレンズが入りません(;´Д`A サイズを小さくしないといけませんね。
リメイクその三
サイズは良さそうですが、形があっていない為鼻側にも耳側にも隙間が空いていますf^_^;) もう少し丸みのある形が良さそうですね。
リメイクその四
このフレームならサイズもよく隙間もないですね♪( ´θ`)ノ

③新しいフレームのデモレンズを外しお客様のレンズを入れれば完成です

リメイクその五
このようにナイロールフレームはリムの形とレンズ上部のカーブが合えば隙間なくキレイに仕上がります。

410470
壊れてしまったフレームと新しいフレームは同じピンク系なので前から見た感じは今までとあまり変わりません。
ナイロールリメイク完成
テンプルは少し太めになるのと、智の部分が2箇所でとまっているので今までよりも丈夫な造りのフレームに交換出来ました。

メタルフレームのリメイク手順

折れてしまったメタルフレームや、プラスチックフレームも基本的に同じ要領でフレームをさがしていきます。
①レンズをフレームからはずす
②レンズが入るフレームをさがす
と、ここまでは一緒です。
ただ、さがす過程でナイロールフレームと違ってメタルフレームとプラスチックフレームはレンズ全体が同じ形でないとフレームに入らないので、壊れてしまったフレームと同型のフレームが店舗在庫にもメーカー在庫にもない場合は近い形をさがしてレンズを削っていきます。
ここでは削り合わせてフレームに入れる工程を紹介していきます。

①形の近いものをさがす

真っ二つ1200

483
このレンズの形だとこのフレームが1番合いそうですがピッタリ合うわけではなさそうです

②削る部分に印をつける

リメイクメタルその2
このレンズは赤い線より外側を削ります。

③ 削ったレンズをフレームに入れれば完成です

487
隙間なくキレイに仕上がりました。
409488498

壊れてしまったフレームと新しく選んだ赤いフレームとその色違いのピンクのフレームです。
この2本は同じ形なので今までとあまり雰囲気を変えたくないという方はピンクを。
この際思い切ってイメージチェンジを、という方は赤を。
このように同じフレームで色違いがあれば、お好きな色をお選び頂けます。

一通り説明しましたが、メガネのリメイクには
①今ある削られて形の決まってしまっているレンズを使うということ。
②見え方があまり変わらないようにすること
この2つが大前提にありますので、基本的には似ている形のフレームへの入れ替えになります。
メタルフレームへの入れ替えでレンズをたくさん削って、レンズが小さくなれば入れられるフレームが増えるので、お客様の選択肢は増えていいように思えますが、レンズを削ればその分今の見え方より悪くなるといったデメリットもあります。
当店ではなるべくお客様のご要望にお応えできますようフレーム探しを致しますが、レンズの状態、フレームの在庫状況によりご希望に添えないこともございます。

と、ここまでは難しく書いてきましたが、最近はフレームのデザインが多様化してきているので、当時は気に入っていたけれど今は使っていないとか、デザインが気に入って買ったけれど重くて使っていないなど、壊れてしまった以外でのリメイクの相談も承ります。
女性は気分やファッションでメガネも変えたくなると思いますので、使っていないメガネがありましたら使えるメガネにリメイクしてみませんか?