今話題のラインアート-Lineart-について

最近テレビを見ていると”ラインアート”をかけている有名人が増えてきています。
テレビ番組の『カンブリア宮殿』や『マツコの知らない世界』でも特集が組まれ、取り上げられました。
決してお安いお値段ではないのに、なぜこれだけの支持が得られるのでしょうか?
それはやはり「奇跡のかけ心地」にあるのではないでしょうか。

1、掛けていることを忘れるほどの軽やかさ

mensiconladiesicon
lineartgazo001
しなやかなバネ性を持ち、やさしくつつみ込まれるような掛け心地を実現しているラインアート シャルマンは、こめかみを締め付けることがなく、掛けているストレスを感じさせません。

2、オーダーメイドのような心地よさ

ladiesicon
lineartgazo002
独自の三次元多段階フィット構造や、ねじれに対しても柔軟な素材特性により、メガネ自身が掛けるかたのお顔にあわせてフィットします。
その為、まるでオーダーメイドをしたような掛け心地の良さが続きます。

3、日本人に最適なサイズ設計

mensiconladiesicon
lineartgazo003
シャルマングループが10年以上にわたって研究してきた膨大な数の日本人女性の頭部形状のデータをもとに、日本人にとって最適なサイズとやわらかな曲線を描く形状が誕生しました。

4、特許を取得した独自構造

mensiconladiesicon
lineartgazo004
複数のアーチを組み合わせたテンプル構造は、掛ける方の頭部にあわせて立体的にフィットし、軽い掛け心地でありながらもずれにくい、未体験の掛け心地を創造。メガネ史上初となるこの独自構造は、特許も取得しました。

5、幅広で安定した掛け心地のモダン

mensicon
lineartgazo005
掛けていて耳が痛くなりにくいような、顔形状に沿うような独自のR形状となっております。
また、幅広の寸法に設計されたモダン先端部は、耳の後ろに掛かる圧力を分散し、安定した掛け心地をもたらします。

(公式サイトより)

以上の5項目がシャルマンが公式に発表している「奇跡のかけ心地」のヒミツです。
しかしこのラインアートを完成させるまでにこれだけの年月や膨大なデータをとって研究しているのですから「奇跡」ではなく「当然」かもしれませんね。
実際に手に取ってお試しになるお客様はその軽さにもかけ心地の良さにも一様に驚かれます。
今、このトピックスを読んでいるお客様も、ぜひ一度ご来店をいただき、ラインアートの「奇跡のかけ心地」をご体感くださいませ。