強度の近視の方や遠視の方、また遠視の方の老眼鏡など、度数が強くなるほどにメガネのレンズは厚く仕上がってしまいます。
近視の方がご使用されるマイナスレンズの場合は、レンズの端の厚みが人から見られる時に気になる、
遠視や老眼鏡でプラスレンズをご使用の場合、真ん中の厚みが出てしまってメガネ自体が重く、掛けているのが快適ではない、
などのご相談を受けることが度々あります。

そんなお悩みをできる限り解消するためには、メガネのフレーム選びやレンズの選択を適切にしていく事が必要となってきます。
レンズを薄くキレイに作るためのポイントとなる点を6つご紹介いたします。
ぜひメガネ作成の参考にお役立てください。

1 メガネフレームはレンズのサイズが小さいものを選ぶ

レンズの種類や素材など、様々な厚みを決定づける要因の中で、一番厚みに関係してくるのがフレームのサイズです。
特にメガネレンズの横幅が大きければ大きいほどレンズの厚みが増えていきます。

マイナスレンズ厚み

マイナスレンズ厚み
近視のメガネの場合、掛けた時に目の位置に来るレンズの中心は薄く、そこから離れれば離れるほどに厚みが増していきます
つまり単純に大きなレンズになればなるほどに厚みが大きくなっていってしまいます

プラスレンズ厚み

プラスレンズ厚み
遠視や老眼鏡などのプラスレンズの場合、レンズの中心が厚く、中心から離れるほどに厚みは薄くなっていきます
大きなメガネでも端は薄くなるのですが、やはりその分重みは増してしまいます。

レンズの構造上小さなフレームほど厚みや重さを抑えられるのはご理解いただけたかと思います。
しかし、顔幅や目幅に合わないほどに小さなメガネフレームを選んでしまうと、窮屈だったり見栄えが良くなかったり、
フレーム自体にも余計な負担が掛かってしまって壊れやすくなってしまう危険もあります。

ご自身の顔幅や目幅に合ったフレームを選ぶことが、掛け心地や見栄えの良さ、厚みや重みなども最適化できるフレーム選択となります。

より薄くしあげていくには、
小さいフレーム

このようにレンズの横幅は小さく、ヨロイの部分を長くとったデザインでフレームの全体幅を大きくとったフレームがオススメです。

2 レンズは屈折率の高いものほど薄く仕上がる

レンズにはそれぞれ素材別に屈折率というものが存在しています。
光がレンズを通る時にどれだけ曲がるかを数値化したもので、屈折率の数値が大きいものほど薄型に仕上がるレンズとなっています。
当店でメインでご紹介してるHOYA製のプラスチックレンズでは、レンズのタイプにもよりますが屈折率1.5のスタンダードなタイプから、
屈折率1.74のHOYA最薄両面非球面レンズまで様々なレンズが用意されています。

屈折率1.5スタンダードレンズ

15600
こちらは屈折率1.5のスタンダードなタイプのレンズにて、近視が-6.00で作った場合の厚みです。
目幅やフレームのサイズにもよって厚みはもちろん変わってきますが、緑の線のところで6.7mmほどの厚みになっています。

屈折率1.74HOYA最薄レンズ

174600
こちらは屈折率1.74のHOYA最薄レンズにて上の図と同じ度数で作った場合です。
同じ緑の線の所で厚みはかなり薄くなり、4.6mmほどに抑えることが出来ます。
どちらも設計は1番主流となっている片面非球面レンズです。

屈折率の違いによる厚みの変化は、メガネのサイズが大きいほど、さらに度数が強いほど効果が出てきます。
度数が-1.00以下などあまり強くないのに、1.74などの超高屈折のレンズを選択すると、厚みが大して変わらない上に比重が増すので、かえって重く仕上がる場合もあります。
薄く仕上げるにはフレームサイズ同様適切なレンズ選択が必要となります。

どの屈折率のレンズだとどのくらいの厚みが出るのか、レンズ選択の際にぜひスタッフにご相談ください。

3 レンズの設計によって薄く仕上げる

遠くを見るだけの近視や遠視のメガネや、近くを見るだけの老眼鏡など単焦点レンズと呼ばれるレンズにも様々な設計があります。
それぞれの単焦点レンズでの設計による厚みの違いも見ていきましょう。

球面レンズ

従来型の球面レンズと呼ばれる設計です。
レンズ自体に自然なカーブがあるため、度数が強くない場合にはメガネとして自然な形に仕上がります。
しかし度数が強くなっていくと、カーブが強いためマイナスレンズの場合端の厚みが大きく増してしまいます。
プラスレンズだとカーブの分さらに中心の厚みやぽっこりとした膨らみが気になってしまいます。

片面非球面レンズ

今1番主流となっているのはこちらの非球面タイプのレンズです。
球面レンズに比べてレンズがフラットな設計となっているので、プラスレンズの真ん中の膨らみを抑え、薄く仕上げることができます。
また、マイナスレンズでも端の厚みを抑えることができるので、非球面で屈折率の高いレンズを選択していただく事が薄く仕上げる事に繋がります
度数が強いと起こりやすいレンズ周辺部の視野の歪みも、非球面レンズの方が球面レンズよりも少なくなっています。

両面非球面レンズ

非球面レンズよりもさらに視野を広く確保できるのが両面非球面レンズです。
よりフラットになった形状により非球面レンズよりもさらに薄く仕上がります。
どちらかといえば強い度数の方のレンズの端に起こる歪みを、なるべく減らすためのレンズとなっています。
特に乱視の度数が強い方にもおすすめです。
両面非球面レンズは、強度の近視の方が気になる顔の輪郭の凹みを抑える効果もあります。

4 プラスレンズを更に薄く仕上げるコンピュータ加工

当店ではHOYAのトレーサーシステムを採用しているため、コンピュータによる厚みの最適化が可能となっています。
レンズを薄くするポイントその1、その2、その3でご紹介したフレームとレンズを使ってさらに薄く仕上げていきます。
通常仕立てによるレンズの厚みだと、

通常仕立て

通常仕立て
このようにレンズをカットしていくため、小さなフレームを選んだのにも関わらず厚く重たいメガネが仕上がってしまいます。

しかしHOYAのHELP システムによる薄型仕上げを行うと、

薄型仕上げ

help仕立て

同度数、同レンズを同フレームに入れてもこの様に薄く仕上げることが出来ます。

5 強い近視のレンズの厚みを目立ちにくくする面取り加工

デザインが気に入ったのがちょっと大きめなメガネフレーム、でも度数が強いから……
そんなお悩みを解消するための加工も行っております。

通常メガネレンズを削った状態そのままにしておくと、
image(2)
このように少し白く濁っていて厚みがどのくらいあるのかが目立ってしまいます。
image(1)
レンズの角を大きめに落として、なおかつ落としたレンズの角部分に磨きをかけることにより、厚みが少し軽減されたように見えます。
image
最大限まで角を落とし、全体に磨きをかけていくとこの様に厚みはだいぶ目立ちにくくなりました。

強度の近視だけど、横幅の大きなフレームを使ってみたい、でも厚みが目立ってしまうのは……
とお悩みの方はぜひご相談ください。

6 レンズの厚みがより目立ちにくいメガネフレーム

レンズ自体の厚みを抑えるだけではなく、メガネフレームで厚いレンズを隠してしまう方法があります。
一時期大流行していた黒縁フレームや、最近雑誌などでも多く取り上げられているクラシックなセルフレームなどです。

プラスチックのメガネフレームには、
レンズを囲むリムの部分に厚みがあって、横から見られたときにレンズの厚みが気にならない
テンプルが太くて、横からレンズ自体が見えにくい。
フレームの方が目立っているので、レンズの厚みが気にならない。

などの強度数の方も安心して使っていただけるメリットがあります。

レンズの端の厚みが6mm近くある度数の場合でも、この様にフレームから出る部分は少量になるため気になりにくいです。

厚み
デメリットとしてはチタン製のメタルフレームと比べると重量が増す点でしょうか。
軽くしたいというご要望の場合には、小さ目なチタン製のフレームをオススメいたします。

以上、強い度数のメガネレンズをキレイに薄くする6つの方法をご紹介いたしました。
メガネフレーム選びの参考になれば幸いです。

番外編 レンズの薄さを確認してからの作製

とはいったものの、最適なフレームサイズ、最適な屈折率などなかなか判断が難しいところも多くあります。

当店ではお客様に目で見て分かるようにHOYAのiPadアプリ【コバ厚計算機】による簡易的な厚みの測定や、【HOYAトレーサーシステム】による正確な厚みの測定も行っています。

HOYAのiPadアプリ[コバ厚計算機]

DSC_0019

HOYAトレーサーシステム

トレーサーシステム

メガネは度数に合わせたレンズだけではなく、フレーム選びも重要

度数やお客様の眼の位置情報などを入力することにより、お選びいただいたフレームとレンズの組み合わせでの厚みを確認することができます。

また、厚みだけではなく、レンズの重さも出るので不必要な薄型レンズを選ぶことがなくなります。
レンズを出来るだけ薄く仕上げたい方や、レンズの重さを出来るだけ軽くしたい方のフレーム・レンズ選びの参考になるかと思います。

レンズ選び・フレーム選びにお迷いの方、ぜひご来店の上ご相談ください。