当店主要取り扱いメガネレンズメーカーHOYAより新たにBOOM individualメガネレンズが3種類登場いたしました

※BOOM individualメガネレンズとは?
両面複合累進レンズという遠近両用メガネレンズや中近両用メガネレンズの度の移り変わる部分を、メガネレンズの前面・後面の両面を使用して、出来るだけユレや歪みを少なくした設計がHOYAのBOOM設計となっています
BOOM individualメガネレンズはそのBOOMを更に進化させるために、お客様がメガネフレームを掛けた状態の数値を計測して反映させたものです
メガネフレームを掛けた状態での、フレームの前傾角、そり角、眼とレンズの距離などを測定し入力
装用時により合った度数を製作するメガネレンズです

メガネのプリンス イトーヨーカドー茅ヶ崎店では遠近両用レンズでは現在お取り扱いしております

HOYALUX RSi 遠近両用メガネレンズ最高峰 BOOM individualメガネレンズ

HOYALUX MSi 遠近両用メガネレンズ 9タイプ選択 BOOM individualメガネレンズ

の2種類がBOOM individualレンズでしたが、さらに下記の2種類が追加されました

【HOYALUX LSi】 -HOYA遠近両用レンズ- 

hoyalsi
遠くから近くまでバランスよく設計されたHarmony-ハーモニー-と、遠方ほ視界のクリアさを重視したClarity-クラリティー-の2タイプからお選びいただける遠近両用メガネレンズ
累進帯長も小ぶりなフレームにも対応できる11mmと、度数の移り変わりを緩やかにする14mmの2種類から選べます

【HOYALUX JSi】 -HOYA中間重視遠近両用レンズ-

hoyajsi
遠くの見やすさよりも中間域を重視した中近両用寄りの遠近両用レンズ
累進帯長は18mm、20mm、22mmからお選びいただけます

中近両用メガネレンズに初のBOOM individualレンズが登場

遠くはあまり使わない室内の作業にオススメな中近両用メガネレンズにもBOOM individualメガネレンズが登場いたしました

【MSi Cliarc】 -HOYA中近両用最高峰レンズ-

hoyamsic
室内での仕事や家事などに、遠近両用メガネレンズよりも近方の視野を広く確保
累進帯長は18mm~24mmの1mmピッチでお選びいただけます
やや遠方までの視野の広いMZタイプと、近方から中間域を楽に見れるRZタイプから選択が可能です

individualメガネレンズの作成に必要な計測

individualメガネレンズを製作するのには、お客様がメガネフレームを掛けた状態での角度などの数値が必要となってきます
メガネのプリンス イトーヨーカドー茅ヶ崎店ではそれらの数値を測定するためにHOYAのipadアプリ【Lens LAYOUT INDICATOR(LLI)】を使用しています
12471424_563305513819139_3185932051909216732_o
左右の度数に差があり今までの遠近両用レンズではユレやゆがみを感じてしまっていた方、
フレームの調整が困難なデザイン性の高いフレームなどで、快適な遠近両用レンズをご希望の方にはオススメなレンズとなっています